スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
こなもんワールドへようこそ
 
2011年4月16日17日と
キッズプラザ大阪で行われた
こなもんワールドへようこそ
というイベントでスタッフを
させて頂きました(^^)/

私は、16日のみの参加でしたので
一日分だけですが
感想を書かせて頂きます★

私は「コナモン教室」という
イベントブースを手伝わせて頂きました。

「コナモン教室」では
一部~三部のどれかに
参加予約して頂いたご家族のお子様に
体験してもらうもので
参加費用は200円(入館料別)でした。

「コナモン教室」では三部に分かれていて
一部:お好み焼き体験
二部:もんじゃ焼き体験
三部:たこ焼き体験
という三つに分かれていて
私はたこ焼き体験をメインで
手伝わせて頂きました。

一日の流れや感想を
書いていきます(^^)★

朝9時前に集合し控え室で制服に着替え
企業の方に全体の説明を受け
持ち場にそれぞれ別れました。

私は持ち場であるイベントブースで
詳しい内容の説明を受け
企業の担当の方とたこ焼き作りの
下準備を始めました!

第三部のたこ焼き体験は
午後2時半からということで
材料の分量を量ったりと
下準備をしました★

下準備をしているうちに
イベント開始時刻になりいよいよ
スタートしました(^^)/

第一部、第二部では補助ということで
エプロン・バンダナの配布
座席の案内などをしました。

体験が始まってからは、ゴミや
使い終わった食器などの回収したり
いろいろしました。

第三部のたこ焼き体験でも
内容は変わりませんでしたが
子ども達と一緒に
たこ焼きダンスを踊りました!!

意外に動きが速く
ついていくのが大変でした(笑)

その後は皆様が焼いているのを
お手伝いしてりしていました。

イベント終了後は片付けをして
17時前に解散しました。


今回、参加させて頂いて学んだ事は
企業の方々は食中毒を起こさないように
衛生面をしっかりされていて
何かあったときの為に一口食べるだけでも
住所などを記入して貰っていること

など驚くことがたくさんありました。

ただ作って終わりだけではなく
クイズ形式で粉についての問題をだしたりと
いろいろされていて勉強になりました★

次回もイベントがあればまた
参加させて頂きたいなと思いました(^^)/

ボランティアや食に興味がある方が
いましたら一緒に活動しましょう

スポンサーサイト
[2011/05/01 13:47 ] | 活動報告 | コメント(0) | トラックバック(0)
第三回 はぴしょくミーティング

更新が遅くなってしまい
申し訳ありません

最近忙しさも落ち着いてきたので
これからはどんどん
更新していきたいと思います(^^)
2011年4月8日(金) 
第三回 はぴしょくミーティングを行いました!

今回の内容は
4月16日のイベント内容の確認
大地震の被災地の方になにかできるか
ということの2点でした。

被災地の方の支援では
はぴしょくだからできることを
するということになりました。

「はぴしょく」できるということは
みんな食に興味があるので
栄養面や食事面についてのなにかを
行うことにしました!

対象者は被災地から関西に来ておられる方、
「支援・サポート」だということを前提にして
なにができるのか
みんなでいろいろ話し合いました。

話し合いの結果
栄養面を考えて一緒に料理をする
同じ野菜を何軒かで育てる
一緒に作り、一緒に食べる
関西の料理、東北の料理を作る
というような意見が出てきました。

話し合いの結果ポイントとなる
二つの意見がでました。

一つ目は、
被災地の方同士の繋がりを持ってもらう

そして二つ目は、
食事の面での支援ということで
習慣化されるテーマ(目標)と行動

この二つの考えから私たちは
減塩」をテーマにすることに決めました。

何故、減塩が出てきたかというと
・東北料理は塩分が高めであるというイメージ
・塩分過多による病気
という2つの点から決めました。

方法などの詳しいやり方は次回に
話し合うということになりました。

支援させて頂くにあたり
いきなりするとなっても
どういう風にしたらいいのか
わかりません。

そこで、これからのはぴしょくの
活動内容の予定の中で
炊き出しや献立を考えたりと
いろいろ経験をしてから
行うことにしました。

みんなで力を合わせて
よりよい支援をしていきたいと
思っています(^^)
[2011/05/01 13:07 ] | 活動報告 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。